ChatGPTの日本版はない?日本語で使う方法を紹介。

ChatGPT日本版について

AI技術が急速に進化する中、ChatGPTという言葉がより身近な存在になっています。しかし、多くの情報が英語で提供されているため、日本のユーザーにとっては使いづらいと感じるかもしれません。しかし、ChatGPTの使い方は意外と簡単で、日本語での入力や回答もスムーズに行えます。一方で、ChatGPTの日本版があると誤解されることがありますが、個人向けプランで公式のChatGPT日本版は存在しません

この記事では、ChatGPTを日本語で使う方法から、日本語設定のやり方、日本語利用する場合の注意点や、日本版について紹介していきます。

目次

ChatGPTの日本版サイトは無い

ChatGPTの日本ユーザーの間でよくある誤解の一つが、ChatGPTには「日本サイト」「日本版」といった専用のプラットフォームが存在するというものです。しかし、実際にはChatGPTの利用に際して特定の国や言語向けの専用サイトはありません。「日本語」「日本版」を謳ったサイトが数多くありますが、公式サイトではないので注意しましょう。

ChatGPTを日本語で活用する方法

ChatGPTは入力された言語を認識できるので、自動的に日本語で返答されます。
ただし質問内容によっては英語で回答される場合があります。英語で回答された場合は、チャットで「日本語で回答してください」と入力すれば、改めて日本語に翻訳して回答が出力されます。

ただ、オプション画面や説明文が英語なので、使いづらいと感じる人もいるでしょう。
その場合は、ChatGPTのオプションにある言語設定を日本語にしましょう。設定項目やチャット画面の言葉がすべて日本語で表示されます。
以下に、ChatGPTからの回答を必ず日本語で返答させる方法や、言語設定の方法を解説します。

ChatGPTからの回答を「日本語」に限定させる方法

本題の質問をする前に、「日本語で回答する」という前提条件をチャットで送信する。そうすれば、ChatGPTから英語で回答されることが無くなります。

ChatGPT日本語で回答させる1
ChatGPT日本語で回答させる2

ChatGPTの言語設定を「日本語」にする

オプション画面で日本語に言語設定ができます。日本語設定をすると、アカウント情報画面や設定画面、トップ画面のヒントなどが日本語で表示されます。ChatGPTの機能に変化はありませんが(日本語で質問すれば、日本語で回答されます)、オプションにも便利な機能がありますので、ぜひ日本語設定をしてから利用することをオススメします。
※Google chrome等の自動翻訳機能は使わないでください。エラーの原因となります。

STEP
ChatGPTにログインし、アカウントからSettingsをクリック
ChatGPTの日本語設定方法1
STEP
Languageで選択している言語をクリック
ChatGPTの日本語設定方法2
STEP
日本語を選択したら、設定完了
ChatGPTの日本語設定方法3

ChatGPTを日本語利用する場合の注意点

日本語でChatGPTを使用する際は、以下の点に注意してください。

  • 正確な日本語入力: 誤字脱字を避け、質問を明確にします。
  • クリアな質問: 質問は具体的に入力し、ChatGPTが理解しやすいようにします。
  • 特殊な用語は避ける: 業界用語や方言などは避け、一般的な言葉を使って、ChatGPTが理解できるようにします。
  • 自動翻訳機能の使用禁止: 回答が出力されない、回答の精度を著しく下げる可能性があります。エラーの原因となりますので、チャットを送信する時だけは、google chromeなどの自動翻訳機能はオフにしましょう(参考:下記画像)。
自動翻訳機能は使わない。エラーの原因になる。

ChatGPTの活用方法

ChatGPTは、論文の作成から夕飯のレシピまで、あらゆる人が幅広く利用できます。ビジネスにおいては、ビジネスメールの作成や報告書の作成など。個人においては、体の悩みを相談したり式場のマナーを調べるなどで活用できます。ChatGPTの持つ自然言語処理能力により、多岐にわたる用途に使えるツールとして注目されています。また有料版では画像生成やグラフの作成など、クリエイティブな作業までこなせます。以下に、ChatGPTの活用方法をより詳しく紹介していきます。

コンテンツ作成補助

ChatGPTは、ブログ記事のアイディアや初稿の生成、さらには文章の校正や改善提案に至るまで、コンテンツ作成のあらゆる段階で役立ちます。ChatGPTのAIツールを使えば、時間を節約しながらも、質の高いコンテンツを生み出すことが可能になります。

学習ツール

特定のトピックに関する情報の要約や解説を提供することで、ChatGPTは学習の補助ツールとしても優れています。複雑な概念も簡潔に理解できるようになり、学習効率が格段に上がります。

翻訳補助

基本的な文章の翻訳や、異なる言語間での意味の確認にもChatGPTは有効です。言語学習のサポートや国際的なコミュニケーションの橋渡しとして活躍します。

FAQ自動生成

企業のウェブサイトやアプリでよくある質問とその回答を自動生成することができます。ChatGPTを活用することで、顧客サポートの効率化と質の向上が実現します。

クリエイティブなアイディア出力

ストーリーのプロットやキャンペーンのコンセプト、広告のキャッチコピーなど、クリエイティブなアイディアが必要な場面でChatGPTは貴重なインスピレーションの源となります。

コーディング補助

プログラミングにおいては、コードの提案やエラーの原因と解決策の提示にChatGPTを活用できます。これにより、開発プロセスが加速し、効率的なコーディングが可能になります。

カスタマーサポート

ChatGPTは、顧客からの一般的な質問に対する自動回答システムとして組み込むことで、リアルタイムでのサポート提供が可能になります。これにより、顧客満足度の向上とオペレーションの効率化が期待できます。

ChatGPTのこれらの多面的な活用方法は、あらゆる業界や分野での革新的な変化をもたらす可能性を秘めています。ChatGPTを活用することで、より効率的でクリエイティブな作業が可能になり、日々の業務や学習において大きな価値を提供します。

まとめ

ChatGPTは、日本語をはじめとする多言語に対応した先進的なAIツールです。OpenAIによって開発されたこのチャットボットは、テキストベースの質問に対して自然で正確な回答を提供します。Webやアプリ経由でアクセス可能であり、ビジネス、教育、個人学習など様々なシーンで役立てることができます。日本語でChatGPTを効果的に使うための準備と操作方法を身につけ、この革新的なツールをフル活用しましょう。


目次