ChatGPT API 完全解説【画像付き】

ChatGPT APIの登録方法や使い方を紹介

2023年3月2日、OpenAI社よりChatGPTのAPIが公開されました。
最近、企業の問合せページ等でAIチャットをよく見かけませんか?こうした機能の多くは、APIが利用されています。ChatGPTのAPIを使えば、あなたのアプリやウェブサイトにChatGPTの機能を組み込めます。またChatGPT APIは、一般的な月額プランと比較して有料機能を安く使えると言われています。

本記事では、ChatGPT APIの紹介使い方料金体系導入例、また重要な注意すべき点を詳しくご紹介します。一歩間違えば、高額請求がくることも・・・。ChatGPTをビジネスに利用したい方や、個人で安くChatGPTの有料機能を使いたい方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

目次

ChatGPT APIとは?

ChatGPT APIとは、ChatGPTの機能を別のアプリやウェブサイトに連携させる技術のことです。
APIとは「​​Application Programming Interface(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)」の略称で、ソフトウェアやWebサービスの間をつなぐインタフェース(通信の接点)を指します。

たとえば、グルメサイトで「お店の場所をGoogleマップで表示」する仕組みがAPIです。
グルメサイトとGoogleマップは、異なる会社が運営している別々のサービスです。しかし、Googleマップの「API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)」を組み込むことで、グルメサイトはGoogleマップの機能を自分たちのサイトに取り入れています。

ChatGPTのAPIを使った場合、
たとえば、カスタマーサポートの自動化や書類作成などの事務作業をChatGPTに任せることができます。当初は「GPT-3.5-turbo」という技術を採用していましたが、現在はより進化した「GPT-4」にアップデートされています。この新しいバージョンでは、画像の生成やグラフの作成もできます。
2024年4月24日の更新で、ChatGPT APIの名前が変更され、これからは「GPT-3.5 Turbo API」という名前で呼ばれることになりました。また、この更新により、音声認識機能が使えるようになりました。

ChatGPT APIの使い方(APIキーの取り方)

STEP
OpenAIの公式ウェブサイトにアクセスします。
OpenAIの公式ウェブサイトにアクセスします。
STEP
ChatGPT API公式サイトの最下部までスクロールします。
ChatGPT API公式サイトの最下部までスクロールします。
STEP
API login」をクリックします。
API login」をクリック
STEP
「登録メールアドレスを入力」または「アカウントで認証」をしてログインします。
「登録メールアドレスを入力」または「アカウントで認証」をしてログインします。
STEP
「API」を選択します。
「API」を選択します。
STEP
カギマークにカーソル合わせます。
カギマークにカーソル合わせます。
STEP
「API keys」をクリックします。
「API keys」をクリックします。
STEP
「+ Create new secretkey」をクリックします。
「+ Create new
secretkey」を
クリックします。
STEP
APIキーの名前を決めて、Create secret keyをクリックします。
APIキーの名前を決めて、Create secret key
をクリックします。
STEP
APIキーが生成されます。コピーしてアプリやウェブサイトなどに組み込みましょう!
APIキーが生成されます。コピーしてアプリやウェブサイトなどに組み込みましょう!
STEP
※ChatGPT APIのキーは再表示できません!キーを紛失したら、再発行が必要です。
※また、キーが他人に利用されると、利用料金があなたに請求されます!絶対に他人に知られないように、注意してください。
※ChatGPT APIのキーは再表示できません!
キーを紛失したら、再発行が必要です。また、キーが他人に利用されると、利用料金があなたに請求されます!絶対に他人に知られないように、注意してください。
STEP
新規登録者には、18ドル分の無料枠が付与されます。
新規登録者には、18ドル分の無料枠が付与されます。

このプロセスを通じて、ChatGPT API(現在はGPT-3.5 Turbo APIと呼ばれます)を活用するための基本的な設定が完了します。これにより、アプリ開発者はAPIを通じてChatGPTの機能をアプリケーションに組み込むことができます。

API導入後にチェックすべきポイント

ChatGPT APIをアプリやウェブサイトに導入する前後で、特に注意してチェックすべきポイントを6つ、詳しくご紹介します。

自社システムとの連携

まずは、ChatGPT APIを使ってどんなサービスを提供したいのか整理しましょう。たとえば、カスタマーサポートシステムにChatGPTを導入して、顧客の問い合わせに自動で答えるように設定するなど。新しい事業なのか、既存の自社システムに組み込むかを決定します。
次に、そもそもChatGPT APIが組み込めるかAPIと自社システムの互換性を確認し、問題なければスムーズに統合できるように仕様を設定しましょう。

効果測定

ChatGPT APIが導入できれば、次は導入効果を測定しましょう。たとえば、顧客サポートの待ち時間が短縮されたか、またはWebサイトへの訪問者が増えているかなど、数値を用いて効果を評価します。

分析と評価

ChatGPT API導入によるユーザーのフィードバックや、問題点を見てAPIの設定を調整しましょう。たとえば、使用頻度の低い機能の改善や、ユーザーの要望に応じたカスタマイズを行いましょう。その後も継続的なトレーニングを計画すると良いでしょう。

データセキュリティとプライバシー

セキュリティが十分に確保されているか定期的にチェックしましょう。顧客データの扱いについては特に注意が必要です。例えば、顧客からの問い合わせ内容が機密情報を含む場合、適切に情報が保護されているかをチェックします。
基本的には、ブラウザやアプリ版のChatGPTに比べてセキュリティは高くなっています(API経由の情報は、モデルの学習に使用されない30日後に情報は削除されるなど)

最新情報の把握

ChatGPTは定期的にアップデートを行っており、APIについても仕様や料金設定が変わる可能性があります。料金設定についても、何度か変更が入っています。常に最新の機能を把握し、システムに反映することが重要です。

法規制の遵守

ChatGPT APIを組み込むサービスが、各国や地域、業界の法規制に抵触していないか確認しましょう。一部ではChatGPTの利用を禁止している国もあります。特にAIとデータ利用に関連する法規制が厳しい業界では、ChatGPT APIがこれらを遵守しているか確認しましょう。たとえば金融業界では、AI利用について特に厳しい監視の下にあるのが一般的です。

ChatGPT APIはマルチモーダルに対応

マルチモーダルとは、テキスト、画像、音声など異なる形式を組み合わせて処理する技術のことです。例えばSiriやGoogleアシスタントは、音声データをテキストに変換して地図やレストランの画像などを表示します。
ChatGPT APIも同様で、ユーザーが入力したテキストから、DALL·Eによる画像生成や、ChatGPTの音声コントロール機能による音声出力も可能となっています。
要するに、ChatGPT APIを他のアプリに組み込んでも、PCやスマホでChatGPTを使うのと同様の機能が利用できるという事です。

ChatGPT APIの具体的な使い方

ChatGPT APIを組み込むことで、どのような事ができるのでしょうか。
イメージしやすいように、いくつかの具体例を紹介します。

1. Q&Aの自動化

ChatGPT APIを導入すると、たとえばオンラインショップでよく受ける「この商品はいつ届きますか?」といった質問に、自動で即答するAIチャットシステムが作れます。これにより、ユーザーの問合せに対する待ち時間を大幅に削減し、顧客満足度を上げられるでしょう。さらに、ChatGPTが業務の一部を代行することで、スタッフの負担も軽減され、より効率的な運営ができます。

「具体例:カスタマーサポートの自動化」
ユーザー:「注文した商品が届きません。追跡番号は12345です。」
ChatGPT:「お問い合わせいただきありがとうございます。追跡情報によると、お荷物は本日中にお届け予定です。配達が遅れている場合は、直接配送業者にお問い合わせください。」

このように、システムを構築すればカスタマーサポートなど事務仕事の一部をAIが代行できます。

2. 業務の効率化

ChatGPT APIは、社内情報や教育資料をデータベースにAIアシスタントを作成すれば、ユーザーのさまざまな質問に対して最適な答えをすぐに回答できます。

「具体例:社内業務の効率化」
あなた:「新商品の企画会議をしたい。開発部の全員が1時間参加できる直近の日時はいつですか?」
ChatGPT:「6月18日14:30~15:30に空きがあります」

具体例:教員の業務代行
あなた:「数学テストの答案をアップロードしたので、採点をしてエクセルの表にまとめてください」
ChatGPT:「採点が完了しました。エクセルのダウンロードは以下からお願いします」

このようにChatGPT APIを導入することで、企業や教育機関の業務が大幅に削減できます。繁雑なスケジュール調整や採点作業から解放され、より価値の高い業務に時間を割けます

3. 要約

報告書の作成や会議の議事録など、文章を作成・まとめる作業もChatGPT APIを使えば簡単になります。たとえば「議事録を400字以内にまとめてください」と指示するだけで、長い議事録を瞬時に要約します。また「来年度予算に関する部分だけを抜粋して」とリクエストすれば、特定のトピックに関連する情報だけをピックアップして書き出すことも可能です。
このようにChatGPT APIを使えば、複雑で時間のかかる文書作成作業を効率的に処理することができます。テキストベースの仕事であれば、ChatGPTを活用して業務効率を大幅に向上させましょう。

4. プログラミングのバグ発見、翻訳

ChatGPT APIは、コードの自動修正や、異なるプログラミング言語間での翻訳ができます。たとえば「Pythonで書いたコードに、バグがあるかチェックして」といったリクエストや、「JavaのコードをPythonに変換して」という作業も、このAPIがスムーズに処理してくれます。
ChatGPT APIの機能により、開発者はより効率的にプログラミング作業を進められます。時間の節約だけでなく、エラーの可能性も低減されます。また、ChatGPT APIを活用することで、単純作業の自動化が進み、開発者がより創造的な作業に集中できる環境が整います。

API利用時の注意点 

ChatGPT APIは便利なツールですが、多くの情報を扱うため注意が必要です。以下にその内容と対策を説明します。

1. ChatGPTが虚偽の情報を生成する

ChatGPTは、正確で自然な文章を素早く生成する能力を持っていますが、時には誤った情報を返すことがあります(これをハルシネーションと呼びます)。このような間違いが、連携するサービスやシステムの信用を損なう原因になる可能性があります。そのため、重要な情報は人の目で確認し、事実関係を検証することが必要です。

2. アクセス集中によるパフォーマンス低下

多くのユーザーがChatGPTに同時にアクセスすることで、応答速度が遅くなることがあります。応答が遅くなれば、ユーザー満足度の低下につながります。なるべくシステムの応答時間を考慮したAPI設計をすることが望ましいです。

3. APIキーの管理

ChatGPT APIの利用にはAPI Keyと呼ばれるコードが必要です。このAPIキーが流出すると、誰でもあなたのAPIを使うことが出来てしまい、その全ての使用分の請求があなた宛に届きます。APIキーは、必ず誰の目にも触れない場所で管理しましょう。

ChatGPT APIの料金は?

ChatGPT APIの料金は、使った分だけお金がかかる従量課金制です。一般的には月額プランよりコストパフォーマンスが高いと評価されています。APIにはGPT-4モデルが使われており、月額の有料プランと同じ性能です。
またOpenAIによると、ChatpGPT APIの利用料金は発表された頃より大幅に削減されています。2023年11月6日に発表された「GPT-4 Turbo」では、当初より入力にかかる費用は1/3以下に、出力にかかる費用は1/2以下に減少しています。このような価格改定は、ユーザーの利用を後押しすることでしょう。

ChatGPT APIの支払い方法

ChatGPT APIの支払いはクレジットカードまたはデビットカードを通じて行われます。現在、請求書払いは対応しておらず、自動引き落としのみとなっています。したがって、利用登録時に有効なカード情報の入力が必要です。

ChatGPT API料金の計算方法

料金は「トークン数」×「 単価(モデル別)」で計算されます。
トークンとは単語や文字です。言語によって違いがあります。
例えば「Please translate 初めまして into English.」という文章のトークン数は、10Tokensです。
下画像の1色が1トークンです。

ChatGPT APIのトークン数についての参考画像

ご覧のように、英語は1単語が1トークン日本語は1文字が1トークン(漢字は1文字が2~3トークン)が目安です。例外もあり、「こんにちは」は1トークン、「prescription」は2トークンとなります。 

つまり同じ内容でも、言語によって費用が変わるので注意してください。(感覚的には、同じ質問であれば英語の方が日本語より1/3程度のトークン数で収まっている印象です)

より正確にトークン数をカウントしたい方は、OpenAI社の公式ツール「Tokenizer(トークナイザー)」を利用してみてください。文字を入力すると、トークン数をカウントして色別で教えてくれます。

単価については、モデルによって変動します。最新のGPT-4であれば、
ChatGPTに入力(プロンプトトークン)で1,000トークン約4.5円($0.03)
ChatGPTの回答(サンプルトークン)で1,000トークン約9円($0.06)です。
(1ドル150円で計算しています。費用レートはドルで設定されており、日本円に換算して請求されます。)

画像の単価は、標準画質の画像であれば、
512ピクセル以下×512ピクセル以下では0.3825円
1600ピクセル×900ピクセル1.6575円かかります。

詳しくは、公式サイトをチェックしてみてください。

※月額プランとChatGPT APIは別々のプランとして、料金が発生します。
また、支払いは月額プランと同様にクレジットカードのみ決済可能です。

無料枠について

ChatGPT APIに初めて登録すると、最初の18ドル分の使用料が無料となる「無料枠」が提供されます。18ドルを超過してから料金が発生します。まずは無料枠を利用して、テキスト生成や他機能を試し、実際のアプリケーションへの組み込み前に性能を確認してみましょう。

無料枠の利用後の料金発生

無料枠を使い切った後は、従量課金制に基づいて利用した分の料金が発生します。料金は「トークン数」×「単価(モデル別)」で計算され、使用量に応じて課金されます。言語や文字によってトークンの数が異なるため、具体的な使用量はプロジェクトやアプリケーションの内容によって変動します。予算に合わせた使用計画を立てましょう。

ChatGPT APIの料金を抑える方法

ChatGPT APIはアプリやウェブなどで使用されるため、不特定多数のユーザーに使用されることが想定されます。そのためAPIの設定方法を誤ると、思わぬ高額請求が発生する可能性があります。
以下に、利用料金の上限設定や、コストを抑えるためのポイントを紹介します。

1.利用料金の上限設定

ChatGPT APIでは、予期しない高額請求を避けるために利用限度額を設定できます
設定方法は、プラットフォームの「Settings」から「Limits」項目を選択します。ここで、月々の利用トークン数やリクエスト数の上限を設定することが可能です。ただし企業向け「Enterprise」プラン加入者のみ設定できます

2.入力トークンのコスト削減

日本語はトークン消費が多いため、ChatGPTの入力を英語で行うとコスト削減になります。また英語は表現が直接的かつ具体的なので、ChatGPTが必要とする情報を正確に理解しやすくなり、余計なトークン消費を避けられます。加えてChatGPT APIはアメリカのOpenAI社が開発したモデルで、英語のデータに基づいて訓練されているため、英語での処理が最も効率的です。

3. 出力トークンのコスト削減

ChatGPT APIの応答で消費されるトークン数は、max_tokensパラメータで管理されます。このパラメータを設定することで、応答の長さを制限し、不要なトークン消費を防ぎます。しかし、max_tokensを適切に設定しないと、ユーザーが必要な情報を得られないことがあります。そのため、実際の利用シナリオに基づいて、最適な応答トークン値を見極めることが重要です。

4. Messagesパラメータを設定してコスト削減

ChatGPT APIを文脈に沿った形で使用するためには、過去のやり取りをmessagesパラメータに含める必要があります。このやり取りを適切に管理することで、APIの理解を深め、より関連性の高い応答を得ることができます。ただし、過去のやり取りを過度に含めるとトークン消費が増加し、コストが高くなるため、必要最低限の内容に抑えることが望ましいです。
初めはChatGPT APIを導入したシステムをテストして、max_tokensやmessagesを調整しましょう。運用を始めてからも、継続的にパラメータを調整し、応答品質とコストのバランスが取れるように改善していくことをオススメします。

ChatGPT APIを使うメリット

ChatGPT APIを活用すると、どんなメリットがあるのでしょうか? すでに数多くの企業や個人が、ChatGPT APIを自社のアプリケーション、ウェブサイト、さらには社内システムに取り入れています。ここでは、ChatGPT APIを採用することで得られる主なメリットについてご紹介します。

1. 業務の効率化

ChatGPT APIを活用すれば、書類作成やアプリ開発が半自動化し、そして効率化されるでしょう。例えば、会議の議事録や契約書報告書など、手間のかかるドキュメントを自動で生成することができます。これにより、書類作成の時間を大幅に削減し、他の重要な業務に集中できます。
さらに、プログラミング言語の翻訳やコードのエラーチェックなど、開発者の頭を悩ます時間のかかる作業もAPIがサポートします。ChatGPT APIの導入により、開発時間が大幅に短縮され、より短納期でプロジェクトを進行させられるでしょう。

2. 多くの分野に汎用できる

ChatGPT APIは、テキスト処理のタスクにおいて非常に汎用性が高く、様々な業界で簡単に導入することが可能です。例えば、カスタマーサービス業界では、オペレーターの負担を減らすための代理として機能します。教育分野では、練習問題の作成言語学習のアシスタントとして利用でき、医療分野では患者の問い合わせ対応や簡易な問診も可能です。さらに、エンターテイメントの分野では、新しい記事の作成や創作活動をサポートし、クリエイティブなコンテンツも作り出せるでしょう。

3.セキュリティが高い

ChatGPTは通常、入力したデータがアメリカの企業であるOpenAIに送信され、会話データを使ってChatGPTの学習が行われます。そのため、機密情報などを入力すると、外部に漏洩するリスクが懸念されています。しかし、ChatGPT APIではさらなるセキュリティ対策が施されており、安心してご利用いただけます。APIを通じて送信されたデータは学習用に使用されず、通信履歴も30日で自動的に削除されるため、個人情報は厳重に守られています。

4. 顧客満足度の向上

ChatGPT APIを使うことで、ユーザーエクスペリエンス(UX)=ユーザー体験を高められます。例えば、問い合わせフォームにChatGPT APIを組み込むことで、24時間365日対応可能なチャットボットが完成します。このチャットボットでは、ユーザーはいつでも迅速に問い合わせに対する回答を受け取ることができ、サービスへの満足度が高まります。
さらに、ユーザーから収集した情報を活用すれば、それぞれのニーズに合わせた(パーソナライズされた)情報提供が可能になります。ChatGPT APIの利用は、ユーザー満足度の向上にも繋がるでしょう。

4.ChatGPT APIを使うリスク

ChatGPT APIがビジネスや個人の活動に広く取り入れられる中で、その利便性に目が向けられがちですが、同時に考慮すべきデメリットやリスクも存在します。以下では、ChatGPT APIの主なリスクついて解説しますので注意してください。

支払い料金の管理が必要

ChatGPT APIの利用には料金が発生します。APIを頻繁に使用する場合、コストが高額になることがあります。特に、小規模なビジネスや個人利用者にとっては、予想以上の出費となる可能性があります。
対策:利用頻度や用途に応じて、プランを適切に選ぶことが重要です。また、APIの使用量をモニタリングし、必要に応じて利用制限を設けることで、コストを管理しましょう。

情報の正確性とその対策

ChatGPT APIは、学習データに誤りがあったり、古いデータを参照したり、学習不足であったり、指示が的確でない場合は、誤った情報が出力される可能性があります(これをハルシネーションとよびます)。誤情報がユーザーとのトラブルに発展する可能性も考えられるため、重要な判断を行う場合は、人間が情報の正誤を見極めましょう。

ChatGPTへの依存

ChatGPT APIの導入により、業務の効率は向上します。しかし、その反面でAI依存が増し、重要な判断をAIに委ねることが多くなるかもしれません。このことから、組織内での意思決定力や創造的な思考が低下する危険性があります。AIの提供する回答が無機質な場合、ユーザーが冷たさを感じてしまい、顧客満足度が損なわれることも考えられます。
これらの問題に対処するためには、AIと人間をハイブリッドに使いこなすと良いでしょう。例えば、データ処理や情報提供などAIの得意とする領域はChatGPT APIを活用し、一方で最終的な意思決定やクリエイティブな業務は人間が担当します。このようにバランスを取ることで、技術のメリットを活かしつつ、人間らしい暖かみのある対応や質の高い判断を維持できます。

ChatGPT APIのセキュリティとプライバシー

ChatGPT APIは、ユーザーのデータのセキュリティとプライバシーを非常に重視しています。この記事では、ChatGPT APIを使用する際のセキュリティ対策やプライバシー保護について詳しく解説します。

1. API key(APIキー)の管理と安全性

APIキーは、ChatGPT APIのアクセスに必要です。しかしAPIキーが漏洩すると、不正アクセスや悪用のリスクが高まります。最悪、大量にAPIが使われてあなたに高額請求がくる可能性もあります。そのため以下のポイントに注意して、APIキーを管理しましょう。

  • 安全な保管場所APIキーは安全な場所に保管し、第三者に見られないようにしましょう。パスワードマネージャーを使用するのも有効です。
  • キーの再生成:必要に応じてAPIキーを再生成し、古いキーは無効にすることでセキュリティを維持します。
  • アクセス権限の管理:APIキーを使用するアプリケーションやサービスのアクセス権限を適切に管理し、不要なアクセスを防ぎます。

2. データのセキュリティ対策

ChatGPT APIで入力された会話データは、OpenAIのサーバーに送られますが、いくつかの重要なセキュリティ対策が施されています

  • データの学習利用なし: APIを通じて送信されたデータは、モデルの学習には使用されません。これにより、ユーザーのデータが未許可で利用されるリスクが軽減されます。
  • データの自動削除: API経由で送信されたデータは、30日後に自動的に削除されます。削除期間を設けることで、データが漏洩する可能性を最小限に抑えます。

3. プライバシーに関する注意点

プライバシー保護についても、ChatGPT APIは高い基準を設定しています。

  • 秘密保持の徹底: OpenAIは、ユーザーから送信されるデータを秘密保持し、外部に漏れないように厳重に保管しています。
  • ガイドラインの遵守: OpenAIのガイドラインに従い、データの取り扱いに関するポリシーを取り決め、安全性の確保に努めています。

ChatGPT APIは、ユーザーのデータのセキュリティとプライバシーを保護するための多くの対策を講じています。使用する際には、OpenAIのガイドラインを確認し、最新のセキュリティ対策を知っておきましょう。

ChatGPT APIにできること

ChatGPT APIは、すでに多くの企業が取り入れています。では一体どのような事ができるのでしょうか。以下にChatGPT APIで使える具体的な機能を紹介します。


1. 文章作成・要約・添削

・メール作成:プロのビジネスパーソンが書いたようなメールを、短時間で作成できます。たとえば、会議の日程調整やプロジェクトの進捗報告など、さまざまなシチュエーションでメールを素早く準備できます。

・文章の要約:議事録やレポートの要約文章で重要なポイントを抽出できます。これにより、多忙なビジネスパーソンも情報を素早くキャッチアップできます。

・添削:書いた文章の誤字脱字を修正し、文体を整えて読みやすくします。レポートや報告書、ブログ記事などの品質向上に役立ちます。

2. 言語翻訳

ChatGPTは多言語に対応しています。そのため各国のニュースを日本語に翻訳したり、逆に日本語のプレゼンテーションを各国の言語に翻訳できます。これにより、国際的なビジネスの場でコミュニケーションがスムーズに行われます。

3. 情報検索

インターネット上の最新情報を素早く検索し、必要な情報のみを一覧にまとめられます。たとえば新製品のレビューや特定のトピックなど、市場調査や競合分析が効率的に行えます。

4. プログラミングコードの作成

Pythonでのスクリプト作成や、Web開発に必要なコードの自動生成ができます。これにより、開発者はより創造的な作業に集中できるようになります。

5. チャットボットシステムの開発

カスタマーサポート用のチャットボットを構築して、顧客からの問い合わせに自動で応答します。これにより、顧客サービスの待ち時間が短縮され、満足度が向上します。

6. デバッグとエンジニアリング仕様の確認

プログラムのバグを自動で見つけ出し、修正案を提案します。また、仕様書に基づいて製品設計が適切に行われているかを確認し、必要な変更を提案します。

7. 会議の文字起こしと議事録作成

音声データをテキスト変換し、会議の議事録を作成します。これにより、会議の内容をすぐにチームメンバーに共有できます。

8. マニュアル作成

たとえば新商品の仕様書を基に、顧客向けの操作マニュアルを作成します。これが、製品の正しい使い方を顧客に迅速に伝えるのに役立ちます。

このようにChatGPT APIを活用することで、多くの業務が効率化され、時間と労力を節約できます。

ChatGPT APIの活用事例 15選

ChatGPT APIを活用して、多くのサービスが誕生しています。ここでは、ChatGPT APIを使った具体的なサービスモデルを紹介していきます(海外のサービスも多く紹介しています)。

1. 情報アプリ「グノシー」

グノシーは、個々の利用者の興味や好みに合わせたニュースや記事を推薦するアプリです。その中にある機能の一部として、業務支援特化 生成AIサービス「ウデキキ」を発表。ChatGPTをそのまま使えたり、アイデア出し、エクセル作成サポート、ビジネスメールの作成などが使えます。

2. マッチングアプリ「タップル」のプロフィールAI添削

タップルは、マッチングアプリとして有名ですが、ユーザーのプロフィールをAIが添削する「プロフィールAI添削機能」を追加しました。これにより、より魅力的で興味を引くプロフィールの作成を助け、マッチングの成功率を高めます。

3. マニュアル自動作成サービス「Manual Force」

Manual Forceは、業務マニュアルを自動で作成するサービスです。複雑な手順やガイドラインを簡単に文書化し、企業の効率的な情報管理を支援します。

4. 電話商談の自動要約「Comdesk Lead」

Comdesk Leadは、IP回線と携帯回線を併用できるサービスです。ChatGPT APIを活用し、通話内容を自動で文字起こしできます。また通話内容の翻訳も可能で、「文章形式」「箇条書き形式」など選べます。

5. Web会議自動翻訳ツール「Minutz(ミニッツ)」

Minutz(ミニッツ)はWeb会議を自動で文字起こしし、その内容を100言語以上に翻訳できるツールです。会議の重要なポイントを抜き出して要約する機能もあり、参加者は会議後すぐに重要な情報を確認できます。例えば、国際的なチームの会議で使用すると、言語の壁を感じることなく全員が同じページに立てるようになります。

6. 社内向け生成AIツール「ObotSERVE Biz」

ObotSERVE Bizは、社内での文書作成を自動化するAIツールです。報告書やFAQ、プレゼンテーションの資料作成など、日々の業務を効率的に進めるためのサポートを提供します。例えば、毎月の営業報告を自動で生成してくれるなど、時間を大幅に節約できます。

7. Web接客ツール「ObotSERVE」

ObotSERVEは、Webサイト上で顧客サポートを自動化するツールです。顧客からのよくある質問に自動で回答し、リアルタイムでの問い合わせ対応も可能です。これにより、顧客満足度の向上とサポート業務の負担軽減が期待できます。

8. Quizletの「Q-chat」

Quizletは、学習支援ツール「Q-chat」でChatGPT APIを利用しています。これにより、ユーザーは質問を打ち込むだけですぐに答えが返ってくるため、効率的に学習を進めることができます。たとえば、数学の問題や歴史の事実について質問すると、その場で解説が得られます。

9. Speakで外国語学習、翻訳、日常会話

SpeakはChatGPTのプラグイン(GPTs)のひとつで、ChatGPT APIを活用して外国語学習をサポートするツールです。ユーザーとの会話を通じて、フレーズの使い方や例文を紹介してくれます。これにより、ユーザーは会話練習を通じて自然な言語能力を身につけることができます。例えば、日常会話からビジネス英語まで、幅広いシナリオで練習ができます。

10. Duolingoの「Duolingo Max」

Duolingoは言語学習プラットフォームで、新プラン「Duolingo Max」を導入しました。このプランは、AIがユーザーの回答に対して正誤を判断するだけでなく、文法ミスを指摘し、正しい形とその理由を教えてくれます。またロールプレイでは、パリのカフェでコーヒーを注文したり、友達をハイキングに誘ったりといった練習が行えます。

11. Khan Academyの「Khanmigo」

Khan Academyでは、オンライン学習アシスタント「Khanmigo」をリリースしました。このAIアシスタントは、生徒に合わせた個別指導で学習サポートを提供するとともに、教師の教育支援ツールとしても機能します。生徒が数学の問題に詰まった時、Khanmigoがステップバイステップで解説を提供します。

12. Stripeの顧客サポート

オンライン決済サービスのStripeは、ChatGPT APIを使用して顧客サポートを強化しています。例えば、開発者が技術的な問題に直面した場合、APIがその問題を理解し、適切な解決策や技術文書へのリンクを瞬時に提供します。また、不正行為の発見や防止にも役立っています。ChatGPTを運営するOpenAIも、決済システムについてStripeを採用しています。

13. レスリリース自動作成ツール「Qlipper(クリッパー)」

Qlipper(クリッパー)は、企業の広報活動をサポートするためにプレスリリースを自動生成します。ユーザーがイベントの詳細や新製品の情報を入力すると、それをもとに適切な形式のプレスリリースを作成してくれます。これにより、迅速かつ効率的な情報発信が可能になります。

14. リファレンスチェックサービス「Parame Recruit」

Parame Recruitでは、採用プロセス中のリファレンスチェック(信用調査)にChatGPT APIを活用しています。応募者の経歴やスキルに基づいて質問を生成し、その回答をもとにより正確な人物評価を行います。これにより、採用の質の向上とプロセスの効率化が図れます。
ChatGPT APIは、多様な業界や用途で幅広く活用され、企業の業務効率やユーザーエクスペリエンスの向上に大きく寄与しています。これらの事例を参考に、自分のプロジェクトでのChatGPT APIの活用方法を検討してみてください。AI技術を効果的に活用することで、より良いサービスの提供や業務効率化を実現することができるでしょう。

ChatGPT APIのよくある質問

Q1. どの言語に対応していますか?

ChatGPTは多くの言語に対応しています。主要な言語はもちろん、あまり一般的でない言語にも対応可能です。ただし、言語によって精度や性能が異なることがあるため、特定の言語を使う場合は事前にテストすることをおすすめします。

Q2. ChatGPT APIに制限はありますか?

ChatGPT APIの制限で特に重要なのが、文字数制限です。

  • 文字数制限: 一度に送信できるテキストの最大は4,097トークンです。この制限を超えるとエラーが発生します。長文を送信する際には、適切に分割してください。

ChatGPT APIの問い合わせ

ChatGPT API利用中に問題が発生した場合は、以下の手順で対応しましょう。

  1. 公式ドキュメントの確認
    ・OpenAIの公式ドキュメントhttps://beta.openai.com/docs/)の「Help」を確認し、問題について問合せましょう。多くの問題は、このドキュメント内で解決方法が提示されています。
  2. フォーラムでの検索
    ・OpenAIのコミュニティフォーラムhttps://community.openai.com/)で、他のユーザーが同様の問題に対処した経験を共有しているかを探してみましょう。以下の情報を含めると対応がスムーズになるかもしれません。
     ・APIキー: 問題が発生したAPIキー
     ・エラーメッセージ: 発生したエラーの詳細なメッセージ
     ・リクエストの詳細: 送信したリクエストの内容
     ・再現手順: 問題を再現するための手順
  3. チャットボットに問い合わせ
    ・上記の方法で解決しない場合は、チャットボットに聞いてみましょう。右下の吹き出しマークをクリックして、チャットボットに質問してみてください。

まとめ

ChatGPT APIを活用することで、業務効率を大幅に向上させることができます。また、ユーザー体験を向上させることも可能です。具体的な事例を参考に、自分のプロジェクトにどのように取り入れるかを検討してみましょう。AI技術を効果的に使って、より良いサービスを提供しましょう。

目次